y's note

ソフトやゲームの作成の開発に関することを書いていきます。

Apple IDを変えた後にアプリをアップデートする

iPhoneiPadに紐づけられているApple IDを変更した後にアプリをアップデートしようとすると、パスワードを入力するダイアログが表示されます。
ここで、正しいパスワードを入力しても設定アプリに飛ばされてしまいアップデートを行うことが出来ません。
f:id:pwjtn527:20180917221856p:plain
この時、アプリをいったんアンインストールしてからもう一度ダウンロードすれば最新版のアプリを入れることが出来ます。
しかし、この時アプリのデータはすべて消えてしまいます。

ですが、iOS11から追加された「Appの除去」を利用することによってアプリのデータを消去することなくアプリをアップデートできます。
※購入情報はApple ID内に存在するため、有料アプリは再度アプリを購入する必要があります。また、アプリ内の購入情報も引き継がれません。
※配信が終了したアプリはこの方法を使うことが出来ません。

ここでは、Twitterの公式アプリを例に方法を紹介します。
設定アプリを開き、一般>iPhoneストレージの順にタップしていきます。
下にスクロールし、アップデートしたいアプリを選択します。
こういう画面が出るので「Appを取り除く」をタップします。
f:id:pwjtn527:20180924214857p:plain
再び「Appを取り除く」をタップします。
f:id:pwjtn527:20180924215318p:plain
「Appを再インストール」をタップします。
アプリのインストールが始まるのでこのまま待ちます。(容量の大きいアプリは時間が掛かります)
※この時ホーム画面に戻ると進捗を確認することができます。
f:id:pwjtn527:20180924215433p:plain
「Appを取り除く」が表示されたらインストールは完了です。
この画面ではバージョン番号が同じですが、アップデートした際には番号が上がっています。
f:id:pwjtn527:20180924215836p:plain

私もApple IDを移行後、バックアップ機能がないアプリを更新するときにこの方法で成功しました。